高次脳機能研究 (旧 失語症研究)
Online ISSN : 1880-6554
Print ISSN : 1348-4818
ISSN-L : 1348-4818
原著
ミトコンドリア脳筋症後に重度ブローカ失語を呈した中学生の改善過程
山岸 敬
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 28 巻 1 号 p. 11-19

詳細
抄録

ミトコンドリア脳筋症後に重度のブローカ失語・発語失行を呈した中学生に対し,全体構造法の考え方を参考に言語訓練を施行した。本例は構音・喚語不能から日常会話可能へと,約2 年以上に亘り持続的・飛躍的な改善を示し,本疾患・若年の失語症例に対する長期アプローチの必要性が示唆された。またその改善過程から,喚語機能形成,発語失行の構音再構築,日常会話への般化について全体構造法の主張をふまえ考察した。

著者関連情報
© 2008 一般社団法人 日本高次脳機能障害学会
前の記事 次の記事
feedback
Top