日本造血細胞移植学会雑誌
Online ISSN : 2186-5612
総説
同種造血幹細胞移植後生着不全の治療
高見 昭良
著者情報
ジャーナル フリー

2 巻 (2013) 3 号 p. 61-69

詳細
PDFをダウンロード (642K) 発行機関連絡先
抄録

同種造血幹細胞移植後ドナー血液細胞の生着不全は稀ながら重大合併症であり,早期に致死的経過をたどる恐れがある。サルベージ療法として,前処置後の再移植に加え,単純幹細胞輸注や造血因子,免疫抑制の調整,ドナーリンパ球輸注などの治療が試みられてきたが,治療成績は芳しくなかった。最近安全で効果的な再移植法が開発され,注目を集めている。本項では,生着不全の診断,予後,治療法を中心にこれまでの報告をまとめた。

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本造血細胞移植学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top