比較生理生化学
Online ISSN : 1881-9346
Print ISSN : 0916-3786
総説
昆虫の聴覚器官
―その進化―
西野 浩史
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 23 巻 2 号 p. 26-37

詳細
抄録

広い動物界にあって聴覚を有し, これを同種間コミュニケーションに役立てている動物は前口動物の頂点に位置づけられる昆虫と, 後口動物の頂点に位置づけられる脊椎動物に限定される。系統的に大きく隔てられたこれらの動物が聴覚を発達させていることは, 収斂進化の典型例とみなされてきた。しかし近年の研究からは, 音を処理する感覚細胞は動物間共通の分子機構を持つことが明らかとなってきている。むしろ収斂進化のもっとも顕著な部分は音エネルギーを効率良く感覚ニューロンに伝えるための体構造の修飾にある。鼓膜がその良い例である。本稿では最近10年の聴覚研究の新発見を広くとりあげ, 昆虫の聴覚器官の進化について論じてみたい。

著者関連情報
© 2006 日本比較生理生化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top