ヘルスプロモーション理学療法研究
Online ISSN : 2187-3305
Print ISSN : 2186-3741
症例報告
急性発症した腰仙部痛に対し骨盤輪圧迫デバイスが 即時的に著効した1症例
星 賢治伊藤 一也坂本 飛鳥蒲田 和芳
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 8 巻 3 号 p. 133-138

詳細
抄録

職務中に発症した腰仙部症状に対し,骨盤輪を圧迫するデバイス(骨盤輪圧迫デバイス)の使用により即時的に症状が軽減した症例を経験した。骨盤輪圧迫デバイスの特性と,症状寛解に至った経緯から,腰椎ではなく骨盤輪由来の疼痛であることが推察された。骨盤輪圧迫デバイスは,骨盤輪不安定性に由来した症状と,それ以外の問題により発生した症状との鑑別に使用できる可能性がある。

著者関連情報
© 2018 日本ヘルスプロモーション理学療法学会
前の記事
feedback
Top