園芸学研究
Online ISSN : 1880-3571
Print ISSN : 1347-2658
栽培管理・作型
ブドウ‘安芸クイーン’の着色実態および 環状はく皮と着果量の軽減による着色改善
山根 崇嘉加藤 淳子柴山 勝利
著者情報
キーワード: 温度, 成熟,
ジャーナル フリー

2007 年 6 巻 3 号 p. 441-447

詳細
抄録

広島県内各地における‘安芸クイーン’の着色実態と気温との関係を明らかにするため,栽培条件の異なる7園について,ブドウ‘安芸クイーン’の着色実態を2001年に調査した.また,2005年に栽培条件の異なる着色不良園3園において環状はく皮処理および着果量の軽減による着色改善を試みた.着色は園地により大きく異なり,カラーチャート値(0~5段階)で0.2~4.5となった.樹齢や栽培方法が異なったにもかかわらず,着色と糖度および着色開始後8~21日における20~25℃に遭遇した時間との間に有意な正の相関が認められた.また,高温条件下でも着果量を減らし,環状はく皮処理することにより,着色および糖度が向上したが,新梢生育の旺盛な園では,着色改善効果が小さく,気温や糖度以外にも着色阻害要因があることが示唆された.

著者関連情報
© 2007 園芸学会
前の記事 次の記事
feedback
Top