情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集
第5回情報プロフェッショナルシンポジウム
会議情報

A22
KAKEN βと研究者リゾルバーαの情報構造
—KAKEN β1.12と研究者リゾルバーα1.12 —
*蔵川 圭武田 英明高久 雅生相澤 彰子
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 69-74

詳細
PDFをダウンロード (442K) 発行機関連絡先
抄録

国立情報学研究所が運営するKAKEN(科学研究費補助金データベース)の機能を拡張するためにKAKEN βを試作している。KAKENの情報構造は研究課題単位であるが、KAKEN βでは研究者を新たな単位(エンティティ)としてとらえ情報構造を再構成した。これによって、研究者を単位とした研究課題、関連した研究分野やキーワードの列挙、共同研究者の関係性を示すことができた。また、Web上の研究者に関する情報資源を同定解決する研究者リゾルバーαと研究者エンティティを介して連携し、研究者情報資源の集約の可能性を示した。

著者関連情報
© 2008 独立行政法人 科学技術振興機構
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top