情報プロフェッショナルシンポジウム予稿集
第9回情報プロフェッショナルシンポジウム
会議情報

B12
日本及び海外企業(電機系・化学系)の論文発表状況の調査及び比較検討
*佐藤 正樹加藤 治堀江 隆川村 剛真銅 解子高橋 昭公芳賀 みのり
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 25-30

詳細
PDFをダウンロード (338K) 発行機関連絡先
抄録

2000 年代に入り、日本の企業による論文発表数が減っているといわれている。文部科学省科学技術政策研究所での研究でも、国内企業の論文発表件数は減少していると発表されている。しかしこれまで、日本国内で発表されている論文数の分析や、その結果と国内特許を合わせた分析は、ほとんど実施されていない。そのため JST と INFOSTA では、国内資料も含めた、電機系と化学系企業の論文発表および特許出願の状況調査を試みた。まず JDream II と PATOLIS を使用して、電機系と化学系企業の論文発表、特許出願状況を調査した。また、企業が投稿した論文誌等の科学技術資料の種類も調査した。科学技術資料は、分野、査読の有無、業界での注目度により分類できるため、企業が多く投稿する資料を分析した。さらに、今回調査した結果を基に、論文件数および特許出願数と社会情勢の比較等、調査した企業研究開発の状況を考察した。今後、他業種の企業の論文発表数調査や、企業内部の技術分野別の動向等、調査していきたい。

著者関連情報
© 2012 独立行政法人 科学技術振興機構
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top