日本画像学会誌
Online ISSN : 1880-4675
Print ISSN : 1344-4425
ISSN-L : 1344-4425
論文
PVAゲルを用いた新規インクジェット射出速度の制御手法
前嶋 麻緒工藤 帆乃香大貫 甫栗原 千尋木山 景仁田川 義之
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 58 巻 1 号 p. 19-27

詳細
抄録

近年我々は撃力を駆動力とする新規インクジェット射出機構を開発した.本射出機構は高粘度 (動粘度~10,000mm2/s) のジェットを簡易かつ安価に生成できる.しかし強い撃力を与えたとき,液中にキャビテーション (発泡現象) が生じ,ジェット射出速度の制御が困難になる場合がある.この問題の解決のためにはキャビテーションの発生量を制御する必要がある.そこで本稿では,PVAゲルを用いた制御手法を提案する.これは予め気泡を内包したPVAゲルをインクタンク内部に設置するシンプルな手法である.PVAゲル設置の効果を実験的に検証した結果,PVAゲルの設置量に応じてジェット射出速度が変化することを明らかにした.これより,本手法によるジェットの射出速度の制御可能性が示された.さらに,気泡入りPVAゲル設置によるジェット射出速度決定メカニズムについて圧力波伝播の遅れに着目したモデルを用いて議論した.

著者関連情報
© 2019 一般社団法人 日本画像学会
前の記事 次の記事
feedback
Top