日本画像学会誌
Online ISSN : 1880-4675
Print ISSN : 1344-4425
ISSN-L : 1344-4425
Imaging Today
力学的異方性を有する炭素繊維強化プラスチックの3Dプリンティング
上田 政人松﨑 亮介轟 章平野 義鎭
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 58 巻 4 号 p. 415-419

詳細
抄録

連続繊維を強化材に用いた炭素繊維強化熱可塑性プラスチック (CFRTP) は,力学的異方性を有する複合材料である.このCFRTPの3Dプリントにおいては,ノズルの移動経路 (プリントパス) と繊維強化方向とが一致する.従って,3Dプリントしようとする部品の形状とその使用時に想定される負荷条件とから決定される応力分布を基に,最適なプリントパスを求めることで,成形品の力学特性を最大化することができる.このことからCFRTPの3Dプリントにおいては,造形する (3D) ことに加えて,材料が有する力学的な異方性を考慮したプリントパスの設定 (+1D) が重要であり,4D printingの概念が必要となる.本稿では,著者らがこれまでに実施したCFRTPの3Dプリントの応用例について,その幾つかを解説する.

著者関連情報
© 2019 一般社団法人 日本画像学会
前の記事 次の記事
feedback
Top