映像情報メディア学会誌
Online ISSN : 1881-6908
Print ISSN : 1342-6907
ISSN-L : 1342-6907
論文
車載ヘッドアップディスプレイの好ましい表示位置,表示サイズ,表示色,およびそれらの走行環境依存性
窪田 悟菊田 勇人中村 芳知龍 智明
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 73 巻 6 号 p. 1160-1167

詳細
抄録

車載ヘッドアップディスプレイ(HUD)の速度表示とナビ表示を対象として,ドライバにとって好ましい表示位置,表示サイズ,表示色,およびそれらの走行環境依存性について実験的に検討した.実験参加者は運転免許を所持している学生25名であった.好ましい表示位置は,速度表示,ナビ表示ともに俯角の最頻値で高速道路約5゚,市街地7゚~8゚,市街渋滞8゚~9゚であった.好ましい表示サイズは,走行環境依存性がなく,文字の視角サイズで速度表示約90分,ナビ表示約60分であった.好ましい表示色は高速道路条件で実験した.速度表示は高彩度緑,高輝度白,高彩度アンバー,ナビ表示は高彩度緑が他の色より有意に評価が高かった.いずれも路面との色差(CIEDE2000)と有意な相関が認められた.車載HUDの実装にあたっては,走行環境,表示情報の有用性,ドライバの運転経験を総合的に考慮する必要があることを示した.

著者関連情報
© 2019 一般社団法人 映像情報メディア学会
前の記事 次の記事
feedback
Top