映像情報メディア学会誌
Online ISSN : 1881-6908
Print ISSN : 1342-6907
ISSN-L : 1342-6907
最新号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
論文特集 選奨(技術振興賞/映像情報メディア未来賞)受賞者論文
動画付き招待フィールド論文
技術振興賞 進歩開発賞(現場運用部門)受賞
  • 小林 祥子
    2021 年 75 巻 4 号 p. 566-571
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/07/01
    ジャーナル フリー
    電子付録

    テレビラジオ業界では取材した素材の「文字起こし」業務が長年の課題である.とても大切な業務である一方,クリエイティブな作業とは言えず地道なもので,膨大な時間が費やされるこの「文字起こし」を若手スタッフが嫌がり,退職してしまうケースも数多くあった.文字起こしはまさに「地獄」である.その打開策として開発した「もじこ」は,音声認識AIを活用,自動でテキスト化された文字列を見ながら,音声・動画ファイルを聴きながら,実時間をかけずに「即座に」修正・編集が可能である.GoogleやMicrosoft,日本最大手アドバンストメディア社等の複数社のエンジンを搭載し,世界125を超える言語に対応,認識率の高いエンジンを自由に選ぶことができる.またPCにインストールが不要なウェブアプリとして開発したため,IDがあれば誰でもネット環境下で利用可能で,随時ユーザの意見を取り入れ,改善アップデートが即座にできる利便性が強みである.

論文
  • 長谷川 雄史, 秋山 康智, 神戸 英利, 洲鎌 康, 虻川 雅浩
    2021 年 75 巻 4 号 p. 572-579
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/07/01
    ジャーナル フリー

    本稿では車両前方の落下物を車載ステレオカメラで検知する手法を提案する.本検知手法は車載ステレオカメラで計測した撮影画像から車両前方のデプス画像を算出し,そのデプス画像から走行路面上にある立体物を検出する.検出した複数の立体物が同一物体か別物体かを判別し,同一物体の撮影画像範囲内の移動ベクトルを解析することで車両前方を走行する先行車両の荷台から荷物が落下したことを即時に検知する.この落下物を追跡することで移動軌跡を算出し,車両と落下物との衝突を避ける.本検知手法の評価として,車載ステレオカメラを搭載した実験車両にて車速約60 km/hで走行し,車両前方約30 m先に走行する先行車両の荷台から荷物を落下させ,その落下物の検知状況を確認した.本評価により,先行車両から急に荷物が落下した場合でも衝突回避のために落下物を即時に検知可能なことを確認した.

feedback
Top