映像情報メディア学会誌
Online ISSN : 1881-6908
Print ISSN : 1342-6907
ISSN-L : 1342-6907
最新号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
論文特集 選奨(技術振興賞/映像情報メディア未来賞)受賞者論文
招待論文
映像情報メディア未来賞次世代テレビ技術賞受賞
  • 木谷 佳隆, 河村 圭
    2020 年 74 巻 4 号 p. 715-718
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/06/26
    ジャーナル フリー

    映像圧縮技術の高度化と撮影機器や表示機器の高精細化にともない,8K/4K映像やVR映像のサービスが普及し,これらを超える次世代映像サービスへの期待が高まっている.映像配信インフラとして,5G商用化を見据えた実証実験も活発化している.そこで,筆者らはスタジアムを対象とした8K自由視点映像のモバイル端末へのリアルタイム配信サービス実現を目指しており,要素技術となる8Kマルチアングル対応のリアルタイムエンコーダを開発した.さらに,同技術を8K自由視点映像配信システムに組み込み,実験用5G基地局で構築したエリアにおいて,実験用5G受信機を搭載した走行車両に対して8K自由視点映像をリアルタイムに圧縮伝送するデモ実証を行った.本稿では,エンコーダに適用したコア技術とデモ実証を紹介する.

論文
  • 李 鵬, 呉 海元
    2020 年 74 巻 4 号 p. 719-728
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/06/26
    ジャーナル フリー

    本論文では,短時間では人物の服や髪の色および体格は変わらないと仮定し,俯瞰視カメラの下を通った人物画像を対象として個人再識別を実現する.人物の頭頂部と肩部の色情報と見えている体格情報を拡張記述するために,UV色平面内に,頭頂部と肩部の画素について,1)色のヒストグラムと,同じ色の輝度yの合計値の分布を求める.2)色の種類数と色空間内の各色の相対的な距離関係を反映するため,色空間におけるユークリッド距離変換を行う.3)無彩色画素の割合を求める.これらの情報を統合した特徴記述法(SHAL: Shoulders and HeAd Learning)を提案する.SHAL特徴間の類似度評価を行うために,無彩色画素の割合を重みとしたバタチャリヤ距離の評価法も提案する.評価実験により,被験者が私服を着る場合と用意した同色の服(3種類)を着る場合にそれぞれ96.62%と93.52%の再識別率を得た.

フィールド論文
  • 三島 剛, 萩原 愛子, 伊藤 均, 小森 智康, 堀川 大輔, 川瀬 直也, 佐藤 庄衛
    2020 年 74 巻 4 号 p. 729-735
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/06/26
    ジャーナル フリー

    放送局では番組制作に必要な構成資料や放送原稿などを作成するため,取材した映像素材の発話を文字に変換する書き起こしを活用している.しかし書き起こしを制作する作業は多くの労力を要し,迅速な番組制作の妨げになっている.そのためわれわれは音声認識技術を用いた書き起こし支援技術の研究を進めている.この中では書き起こしの作業時間短縮に加え,記者会見などのライブ素材の書き起こしや複数人での協調作業など,番組制作のワークフローを考慮することで迅速に番組を制作して視聴者に情報を届けることを目指している.本システムの有効性を検証するため放送現場に試行用のシステムを導入し,改善項目の収集や利用状況の調査を継続して実施した.この試行運用を契機に書き起こしシステムの有用性が放送現場に認められ,現在はNHKの全放送局で本システムが活用されている.

  • 岩田 幸雄, 惠良 勝治, 山﨑 浩介, 貝嶋 誠, 河野 憲治, 岩下 裕孝, 樫尾 朋宏, 岩木 昌三, 上田 大一朗
    2020 年 74 巻 4 号 p. 736-742
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/06/26
    ジャーナル フリー

    FM補完放送の開始にあたり従来は困難とされていたFM同期放送による放送網の実現を目的として,最新のディジタル回路設計技術を用いた高精度のディジタル型のFM変調器を開発し取り組んだ.新局を順次開局しながら同期放送の各種課題をフィールドで調査しその解決策をシステムに取り入れて改良しながら検証を進めた.2018年12月に周防大島局を開局し当初予定した13局の中継局の設置を完了した.FM補完放送の構築においては県内の瀬戸内海側の8局をすべて92.3 MHzで,日本海側の5局を86.4 MHzで構成した同期放送ネットワークにより従来にないエリア確保と良好なサービス品質を提供している.

feedback
Top