日本顎咬合学会誌 咬み合わせの科学
Online ISSN : 1884-8230
Print ISSN : 1346-8111
ISSN-L : 1346-8111
症例報告
歯科鋳造用低カラット金合金「アトラクティP®を用いたインプラントオーバーデンチャー症例
名倉 努瓜生田 達也中川 豪晴成瀬 重靖
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 29 巻 4 号 p. 314-319

詳細
抄録

近年のインプラント治療では,低侵襲手術としてグラフトレスによる治療方針を選択される割合が増加している.既存骨を有効利用する位置にフィクスチャーを埋入し,平行性を欠いた複数のインプラント支台から補綴的なデザインによって上部構造の維持,安定を解決する症例は多い.そこで上顎無歯顎症例に新開発されたキーパー用歯科鋳造用低カ ラット金合金アトラクティP®(パナソニックデンタル)を応用し,磁性アタッチメント によりオーバーデンチャーの維持を得て対応した症例に技工操作を含めて報告する.

著者関連情報
© 2009 特定非営利活動法人 日本顎咬合学会
前の記事 次の記事
feedback
Top