支援対話研究
Online ISSN : 2432-6577
Print ISSN : 2188-2177
ISSN-L : 2188-2177
学生125名へのコーチング実践の効果検証
AIテキストマイニング分析を使って
菅原 秀幸
著者情報
ジャーナル 認証あり

2022 年 7 巻 p. 38-52

詳細
抄録

思考が柔軟な現役大学生の場合、すすんでコーチングをうける気持ちがなくても、コーチングを受けたならば、結果が出るのではないかという仮説を検証することが本研究の目的である。8名のコーチが、125名の学生にコーチングを実施。終了後、自由記述式のアンケートに回答してもらう。それを、ワードクラウドでテキストマイニングした。その結果、スコア分析で、最も大きく表れたのは、「行動」であった。出現頻度分析では、「できる」が最も大きく表れた。これらから、まさしくコーチングの目的が達成されていることが示唆された。

著者関連情報
2022 一般社団法人日本支援対話学会
前の記事 次の記事
feedback
Top