日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
2010 年ハイチ地震における被害地域検出のための高分解能衛星画像のテクスチャ解析
三浦 弘之翠川 三郎Soh Hui Chen
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 12 巻 6 号 p. 6_2-6_20

詳細
抄録

高分解能衛星画像による建物被害の自動検出手法を検討するため,2010年ハイチ地震前後に撮影された衛星画像を利用して,被害建物における画像のテクスチャの特徴を検討した.倒壊した建物では瓦礫の発生によりテクスチャが地震後に粗く変化することを示した上で,同時生起行列に基づくテクスチャ解析を行い,被害建物とテクスチャ指標の関係を検討した.その結果,倒壊建物を評価するには,異質度(Dissimilarity)の指標がより有効であることを示した.さらに,地震前後の画像から算出した異質度の指標を用いて倒壊建物を自動検出したところ,全体の約70%を正しく検出できることを示した.

著者関連情報
© 2012 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top