日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
長期連続観測記録に基づく低層建物の通常時と地震時の固有振動数の変動
畠山 智貴王 欣大野 晋源栄 正人
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 17 巻 4 号 p. 4_1-4_12

詳細
抄録

本研究では,宮城県内に建つRC造,S造低層建物2棟を対象に長期連続観測を実施した.長期連続微動観測の分析の結果,特にRC造建物で,気温の増加に伴い固有振動数が高くなる傾向にあることがわかった.地震観測記録からは,2棟の建物の固有振動数が振動振幅に依存して変化する傾向にあることがわかった.さらに,振幅レベルによらず固有振動数は,気温の影響を少なからずうけており,温度依存の影響を除去することで固有振動数の振幅依存性が明確になることも分かった.

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 日本地震工学会
次の記事
feedback
Top