選挙研究
Online ISSN : 1884-0353
Print ISSN : 0912-3512
地方選挙における電子投票をめぐる争訟
岐阜県可児市電子投票選挙無効訴訟判例評釈
柳瀬 昇
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2009 年 24 巻 2 号 p. 74-87

詳細
抄録

2003年7月に行われた5例目の電子投票による選挙では,電子投票機の異常により 投票が中断するなどの大規模なトラブルが発生し,選挙人から行政不服申立てや選挙無効訴訟が提起されるに至った。名古屋高等裁判所は,2005年3月,投票機の異常によって選挙の結果に異動を及ぼすおそれがあったとして選挙を無効と判示し,最高裁判所も,その判断を支持した。 本稿では,この岐阜県可児市電子投票事件について,事件の概要,選挙人からの行政不服申立てとそれに対する市・県選管による判断および裁判所の判断を概観したうえで,電子投票を用いた選挙の手続の瑕疵をただす方途について検討しつつ,各機関による法的判断について評釈を行った。

著者関連情報
© 2009 日本選挙学会
前の記事 次の記事
feedback
Top