高等教育研究
Online ISSN : 2434-2343
論稿
大学時代のレポートに関する学習経験は職場における経験学習を促進するのか
社会科学分野の大卒就業者に対するインターネットモニター調査
小山 治
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 20 巻 p. 199-218

詳細
抄録

 本稿の目的は,社会科学分野の大卒就業者に対するインターネットモニター調査によって,大学時代のレポートに関する学習経験は職場における経験学習を促進するのかという問いを明らかにすることである.本稿の主な知見は,次の3点にまとめることができる.第1に,レポートの学習行動のうち,学術的作法は経験学習と相対的に強い有意な正の関連があったという点である.第2に,レポートの学習行動のうち,第三者的思考も経験学習と有意な正の関連があったという点である.第3に,レポートの学習行動以外の大学時代の変数は経験学習と強い関連がなかったという点である.以上から,本稿の結論は,大学時代のレポートに関する学習経験の中でも学術的作法と第三者的思考といった学習行動は職場における経験学習を一定程度促進するということになる.

著者関連情報
© 2017 日本高等教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top