社会言語科学
Online ISSN : 2189-7239
Print ISSN : 1344-3909
ISSN-L : 1344-3909
研究論文
中国語天津方言における相づちの特徴―頻度,形式,出現位置そして場面に注目して―
羅 希
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 21 巻 1 号 p. 271-285

詳細
抄録

本稿は,中国語天津方言の会話における相づちを頻度,形式,出現位置,場面などの視点から記述するものである.従来の研究では,中国語母語話者の会話において,相づちは頻度が低く,文末,あるいは1つのまとまった意味のあるところで打たれるなどの点が指摘されている.本稿では,中国語の天津方言の会話における相づちを分析し,その特徴を記述した.分析の結果,天津方言話者の会話においては相づちの頻度が高く,形式のバリエーションが豊富であることが分かった.さらに,天津方言話者のコミュニケーションの様式は,天津地域の文化に関わっている可能性があることを指摘した.本稿の分析を通して,地域による会話のスタイルのバリエーションの多様性を示す.

著者関連情報
© 2018 社会言語科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top