日本視機能看護学会誌
Online ISSN : 2433-4049
Print ISSN : 2433-3107
ISSN-L : 2433-3107
白内障手術患者の術中緊張パターンと術前訪問での収集情報との関係
古賀 ふみ
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2019 年 4 巻 p. 17-20

詳細
抄録

目的:患者の術中緊張パターンを検証し,効果的な術中看護の方法を探求した。 方法:病棟安静時と手術中に血圧測定及び眼輪筋筋電図測定を実施した。術前術後訪問時にアンケートを施行した。 結果:手術中の血圧及び眼輪筋筋電位は超音波乳化吸引開始時に上昇していた。緊張度を4つのパターンに分類,術前の言動と関連していた。すべての対象が,術中タッチケアについては肯定的であった。 考察:手術中の患者緊張度は超音波乳化吸引開始時に上昇することが明らかとなった。緊張の度合いにはパターンがあり,それぞれ術前の不安の対象や表出に違いがあった。術前訪問における情報収集から術中緊張パターンを推測し,患 者の必要とするタイミングでタッチケアを中心とした適切な看護対応を行うことで,術中の緊張を和らげ安全に手術を施行することが可能となるのではないかと考えられた。

著者関連情報
© 2019 日本視機能看護学会
前の記事 次の記事
feedback
Top