日本創造学会論文誌
Online ISSN : 2433-4588
Print ISSN : 1349-2454
ユーザーイノベーションのプロセス要因に関する考察
クラウドファンディング・サービスを活用した日本の書籍出版企業の事例から
今村 新永井 由佳里
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2020 年 23 巻 p. 92-110

詳細
抄録

本稿では、クラウドファンディング・サービス(以下、CFS と略す)を活用した新刊書籍出版企業の事例を通じて、末だ十分に解明されていないユーザーイノベーションの生成プロセスにおける新たな プロセス要因の解明を試みた。調査対象は、日本の書籍出版ベンチャー(サウザンブックス加)である。 同社が専門家コミュニティヘ関与することで、コミュニティ内の読者集団から実践コミュニティが生まれ、その中から自然発生するプロジェクトによって書籍出版のイノベーションが生成される事象である。はじ めに先行文献から Linux 開発プロセスのモデル化とそのプロセス要因を検討し、つぎに、第一著者自らの 参与型インタビューによる対象事例調査を行い、先行文献との比較分析を実施した。最後に考察の結果と して、企業関与によってユーザーイノベーションプロセス(以下、UIP と略す)が促進される新たな 5つの要因( A. 柔軟に役割を変えて活性化するリードユーザーの存在、B. 新製品創出にポジティブなコミュ ニティの雰囲気、C. 専門性を持つユーザーの継続的な参加と関与、D. ビジネス交渉力、E. 先行資金の調達 )を導出した。

著者関連情報
© 2020 日本創造学会
前の記事 次の記事
feedback
Top