日本精神保健看護学会誌
Online ISSN : 2432-101X
Print ISSN : 0918-0621
ISSN-L : 0918-0621
精神障害者クラブハウスにおけるスタッフのかかわりの特徴
長谷川 雅美
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 11 巻 1 号 p. 10-18

詳細
抄録

精神障害者の退院後の支援を効果的に実践しているクラブハウス方式に着目し、研究を開始した。本研究では、精神障害者クラブハウスにおけるスタッフの関わりの特徴を明らかにすることを目的とした。参加観察で得たスタッフの言動を記述し、スタッフの言動をコード化し、関わりの要素を抽出し、カテゴリー化した。手順に沿って分析した結果、以下の6項目がスタッフの関わりの特徴として明らかとなった。(1)自己決定の促進、(2)対等な関係、(3)参加意欲の動機づけ、(4)仕事、役割の重視、(5)仲間意識の強化、(6)実践活動の支援本研究結果から、精神科看護に医学的モデルと社会的モデル双方を取り入れたリハビリテーション看護を実践することの重要性が示唆された。

著者関連情報
© 2002 一般社団法人日本精神保健看護学会
前の記事 次の記事
feedback
Top