日本文化人類学会研究大会発表要旨集
Online ISSN : 2189-7964
ISSN-L : 2189-7964
日本文化人類学会第45回研究大会
セッションID: SIb2
会議情報

代表者 山口 徹
環礁州島の先史時代人骨にみるサンゴカルシウムの影響
―サンゴカルシウムの陸生食物資源を媒体とした身体への循環―
吉田 俊爾
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

プカプカ環礁およびマジュロ環礁から出土した先史時代頭蓋の厚さに着目して、サンゴ礁における陸生食物資源を通じて、サンゴカルシウム(可溶性ケイ素)の影響について考察した。プカプカ頭蓋の前頭結節の厚さは12_mm_、マジュロ頭蓋の前頭結節の厚さは10_mm_であり、比較対照の日本人江戸時代人の5_mm_と比較するとほぼ2倍である。このことから、頭蓋骨の成長発育や骨形態維持にサンゴカルシウムが関与している可能性がある。

著者関連情報
© 著作権は各著者に帰属します。
前の記事 次の記事
feedback
Top