日本文化人類学会研究大会発表要旨集
Online ISSN : 2189-7964
ISSN-L : 2189-7964
日本文化人類学会第51回研究大会
会議情報

分科会E_2 TowardsFurtherDiscussionontheWork-LifeBalance Concept in Anthropology: An Exploratory Review to Lay the Groundwork for Research on Japan
「自分だけの部屋」、もしくはAnthropology of Room への序説
(半)主夫的人類学者のAuto-ethnographyの試みとして
*森口 岳
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. E25-

詳細
抄録

本発表で示したいことは、90年近くの時間が経ったこの日本における、(半)主夫的な生活を送っている40代半ばの男性研究者(発表者)が「自分だけの部屋」、を個人空間、もしくは「ルーム」として捉えなおし、その空間を持つことができるかという問いと、そしてその問いに答える中で現れるオート・エスノグラフィーとしての、現代日本の(人文社会科学系)研究者たちのライフ(生活/人生)と個人空間に関する分析である。

著者関連情報
© 2017 著作権は日本文化人類学会に帰属します。
前の記事 次の記事
feedback
Top