日本文化人類学会研究大会発表要旨集
Online ISSN : 2189-7964
ISSN-L : 2189-7964
日本文化人類学会第51回研究大会
会議情報

分科会F_2 スペイン/カタルーニャの民族誌試論ーネオリベラリズムという視点から
移民政策のパッチワークモデル
移民受け入れ国となったスペインにおける政策決定軸
深澤 晴奈
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. F17-

詳細
抄録

20 世紀の大部分をつうじて移民送り出し国であったスペインは、1986 年の EC 加盟とその後の 1990 年代の経済成長を経て、2000 年代にはヨーロッパ有数の移民受け入れ国へと変貌した。本報告では、スペインが 2000 年代の 10 年間のうちに瞬く間に大規模な移民受け入れ国となっていくなかで、どのように移民政策が決定されてきたのか、その際の決定軸はいかなるものなのかについて、歴史的背景を視野に入れつつ検討したい。

著者関連情報
© 2017 著作権は日本文化人類学会に帰属します。
前の記事 次の記事
feedback
Top