日本音響学会誌
Online ISSN : 2432-2040
Print ISSN : 0369-4232
自動車の音響出力に関する波動論的考察
久野 和宏野呂 雄一
著者情報
ジャーナル フリー

2001 年 57 巻 6 号 p. 383-388

詳細
抄録

道路交通騒音予測の主要な構成要素に走行車両の音響出力(パワーレベル)がある。自動車の音響出力に関しては膨大な実測調査データがあり経験的に, 1. 車両のパワーレベルは車速の3乗に比例して増大する, 2, 高速域ではパワースペクトルの高音部が増強される, 3. 水平方向と鉛直方向では放射強度が異なる(指向性を有する), 4. 路面は半空間への放射に対し, 車両のパワーレベルを3dB持ち上げる, などの事実が知られている。本稿では走行車両による音響放射を波動方程式を基に考察し, これらの知見の妥当性について検討する。

著者関連情報
© 2001 一般社団法人 日本音響学会
前の記事 次の記事
feedback
Top