日本音響学会誌
Online ISSN : 2432-2040
Print ISSN : 0369-4232
最新号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
論文
  • 鮫島 俊哉
    2021 年 77 巻 5 号 p. 277-287
    発行日: 2021/05/01
    公開日: 2021/06/01
    ジャーナル 認証あり

    本研究では,擦弦振動の等価回路に,弓の振動場の有限要素解析モデルを導入することで,擦弦振動場と弓の振動場が連成された解析手法を構築する。提案解析手法では,擦弦時に弓が振動することによって生じる弓の毛の速度・弓圧の時間変動が,擦弦振動の計算結果に反映されることになる。提案解析手法による計算結果と,既往の研究における観測結果や理論的な考察結果を比較することを通して,提案解析手法の妥当性が確認される。応用例として,弓の振動特性がヘルムホルツ波の形成に与える影響を考察する。更に,弓の振動特性と弓の引き方が,ヴァイオリン学習者が抱えている課題である「弓が踊る(震える)」現象に与える影響を考察する。

小特集—公共空間の音ユニバーサルデザインに向けて—
連載講座―短時間フーリエ変換入門:離散信号の時間周波数解析の理論と実装―
コーヒーブレーク
feedback
Top