経営情報学会 全国研究発表大会要旨集
2017年春季全国研究発表大会
セッションID: B2-2
会議情報

予稿原稿
マイナンバー普及への感情要因の影響に関する分析
- twitterデータを用いて -
*渡邊 真治
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

日本は2015年10月よりマイナンバーカードの発行を開始した。しかし、カード発行時のシステム障害などによりマイナンバーカードの 普及が大幅に遅れている。エストニアのeIDの利活用の事例からわかるように、IDカードが普及しなければ、当初予定していた国民の利便性の向上は達成できない。 本研究では, キーとなる時点のつぶやきデータをテキストマイニングの手法を用いて分析する。 また、twitterを用いた政府広報に関する分析も合わせて行う。分析の結果、現段階では広報の効果は十分に浸透していないこと、負の感情が拡散していることが判明した。

著者関連情報
© 2017 一般社団法人経営情報学会
前の記事 次の記事
feedback
Top