行動経済学
Online ISSN : 2185-3568
第10回大会プロシーディングス
効果的な取引時間延長の検証
三輪 宏太郎植田 一博
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 9 巻 p. 76-80

詳細
抄録

本研究では,時間外取引を行う投資家が少ない状況下でも,どのような取引時間延長が有効となりうるか分析を行った.特に,プレマーケットセッション,アフターマーケットセッションの導入及び,どの程度の長さのセッションの導入が有効となるか,人工市場モデルによるシミュレーション分析を行った.結果,上記の状況下では,多くの場合,取引時間延長により,価格効率性及び価格安定性が低下することがわかった.しかも,導入される時間外取引時間帯が長く,アフターマーケットセッションを導入した場合,この傾向は顕著であった.一方で,短期間のプレマーケットセッションであれば,時間外取引の参加者が少なくても,価格効率性や価格安定性を改善しうることがわかった.

著者関連情報
© 2017 行動経済学会
前の記事 次の記事
feedback
Top