脈管学
Online ISSN : 1880-8840
Print ISSN : 0387-1126
ISSN-L : 0387-1126
原著
患肢への経皮的ニトログリセリン投与による間歇性跛行に対する効果の検討
土田 憲後藤 均橋本 宗敬赤松 大二朗清水 拓也河村 圭一郎田島 悠太梅津 道久大内 憲明
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 55 巻 10 号 p. 179-184

詳細
抄録

要旨:11 人のPAD 患者に対し患肢へニトログリセリンテープまたはプラセボテープを貼付し間歇性跛行の改善を評価するクロスオーバー試験を行った。その結果,ニトログリセリンテープ貼付により最大歩行距離の延長がみられ,疼痛出現距離も延長する傾向がみられた。歩行障害質問票(WIQ2)においても改善がみられた。ニトログリセリンテープの患肢への経皮投与は間歇性跛行の新しい治療法になりうると考えられた。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
feedback
Top