日本補完代替医療学会誌
Online ISSN : 1348-7930
Print ISSN : 1348-7922
短報
インフルエンザ感染モデルマウスに対するクロレラの効果
溝口 亨竹腰 英夫
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 15 巻 1 号 p. 61-63

詳細
抄録

マウスにインフルエンザウイルスを感染させる1週間前から感染後14日目までクロレラを経口投与し,ウイルス感染に対する効果を調べた.生存率はKaplan-Meier法により累積生存曲線を算出し,蒸留水群とクロレラ群をlog-rank法で検定した.その結果,クロレラ投与群で生存日数の有意な延長が認められ(P = 0.0394),インフルエンザウイルス感染に対するクロレラの有効性が示された.

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top