日本補完代替医療学会誌
Online ISSN : 1348-7930
Print ISSN : 1348-7922
原著
α-リポ酸・イチョウ葉エキス・L-カルニチン含有健康食品の認知機能改善効果
寺田 尚友中島 優哉山崎 功治花野 貴子山嶋 哲盛
著者情報
ジャーナル フリー

5 巻 (2008) 2 号 p. 135-143

詳細
PDFをダウンロード (846K) 発行機関連絡先
抄録

α-リポ酸とイチョウ葉エキス,および L-カルニチンを含有する健康食品の高次脳機能改善効果を検証するため,摂取前後比較試験を実施した.対象は物忘れ症状を有する 50 歳以上 70 歳以下の成人 31 名(男性 14 名,女性 17 名,平均年齢 57.3±5.8 歳)である.被験品の摂取前と 12 週間にわたる摂取後に日本版アーバンス神経心理テストを用いて高次脳機能評価を行なった.その結果,即時記憶(物語記憶),言語能力(絵呼称と意味流暢性),集中力(数字の復唱),および短期記憶(単語・物語・図形)の各領域において,本被験品の摂取により有意な改善効果が認められた.

著者関連情報
© 2008 日本補完代替医療学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top