Journal of Computer Chemistry, Japan
Online ISSN : 1347-3824
Print ISSN : 1347-1767
総説
歯車状両親媒性分子からなるナノキューブの置換基効果と溶媒効果の理論的研究
増子 貴子平岡 秀一長嶋 雲兵立川 仁典
著者情報
ジャーナル フリー HTML

17 巻 (2018) 1 号 p. 31-37

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (1976K) 発行機関連絡先
抄録

近年,平岡らは歯車状両親媒性分子(GSA)1 (R = CH3)が,疎溶媒的な環境で自己集合し,立方体状の分子集合体ナノキューブ(16)を形成することを実験的に明らかにした.GSA 1は25%含水メタノール溶媒中で一義的にナノキューブ16へ自己集合する一方で,メチル基を全て水素原子に置き換えたGSA 2(R = H)は自己集合せず,また純メタノール溶媒中ではGSA 12ともに自己集合しないことも実験的に見出した.そこで本研究では,溶媒環境下におけるナノキューブ1626の安定性を議論するために,分子動力学計算を実行した.その結果,ナノキューブの安定性には16に含まれるCH-π鎖が重要であることが分かった.またメタノール溶媒分子はミセルのような働きをするものの,メタノール溶媒分子の含量が増えるに従ってCH-π鎖が切断され,最終的にナノキューブが崩壊することが分かった.

著者関連情報
© 2018 日本コンピュータ化学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top