J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本作物学会紀事
Vol. 76 (2007) No. 4 P 604-609

記事言語:

http://doi.org/10.1626/jcs.76.604

連載ミニレビュー

根系の形態や土壌中の分布は,根圏を通じた養水分の獲得や植物体の支持などの植物生育の基本的な機能と密接に関わるものであり,環境条件やストレスに対応して変化する.根系のマクロな外部形態は構築構造(root system architecture)を有し,この構造は発育モデル(growth model)やトポロジーモデル(topological model),形状モデル(geometric model)などで定量的に記述・解析される.ここではそれらのなかで最も新しい方法の1つであるフラクタルモデル(fractal model)についてその解析法と応用および研究の動向を紹介する.

Copyright © 2007 日本作物学会

記事ツール

この記事を共有