日本作物学会紀事
総 説
イネ科作物の耐湿性研究の現状と今後の展開方向
間野 吉郎小柳 敦史
著者情報
ジャーナル フリー

78 巻 (2009) 4 号 p. 441-448

詳細
PDFをダウンロード (1605K) 発行機関連絡先
抄録

コムギ,オオムギおよびトウモロコシなどのイネ科畑作物について,耐湿性の品種間差異,その遺伝性,そして通気組織などの耐湿性関連形質に関する研究の状況を取りまとめる.また,今後に期待される耐湿性研究の新しい方向について触れたい.イネ科畑作物の耐湿性は種間では異なることが知られているが,品種間・系統間差異は不明瞭で,いずれの作物においても実用的な耐湿性品種の開発には至っていない.最近,近縁種・野生種において耐湿性の改良に利用できる遺伝資源が見つかってきており,それらが持つ根の通気組織や浅根性などの耐湿性に関連する遺伝子をマーカー選抜によって栽培種に導入することで画期的な耐湿性作物を作出することも現実的な目標となってきた.

著者関連情報
© 2009 日本作物学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top