日本作物学会紀事
Online ISSN : 1349-0990
Print ISSN : 0011-1848
連載ミニレビュー
プロテオミクス解析技術と作物学への応用
小松 節子
著者情報
ジャーナル フリー

81 巻 (2012) 1 号 p. 100-104

詳細
PDFをダウンロード (1340K) 発行機関連絡先
抄録

プロテオミクス解析は,生物機能発現の直前に存在するタンパク質群を包括的に解析することで,機能性タンパク質の同定に役立つ.質量分析計による解析とゲノム情報利用による相同検索で,タンパク質の同定が飛躍的に発展した.生体内タンパク質の相互作用を網羅的に解析できるプロテオミクス解析技術によって,植物の増殖分化・生長などに係わるタンパク質や環境ストレスにより発現が変動するタンパク質が,多数発見されてきた.これらタンパク質の機能を解明することは,食糧自給率の向上を目指した生産性の高い作物の育成につながる.本稿では,最新の植物プロテオミクス解析技術の紹介と,ダイズプロテオミクス研究から得られた成果を例示することにより,作物学への応用の可能性について解説する.

著者関連情報
© 2012 日本作物学会
前の記事

閲覧履歴
feedback
Top