大学図書館研究
Online ISSN : 2186-103X
Print ISSN : 0386-0507
論文
北米図書館でのRDA実践に関する調査報告
村上 遥
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2014 年 101 巻 p. 53-60

詳細
抄録

北米で新しい目録規則RDAが導入された。本稿では2013年8月に行った米国議会図書館,シカゴ大学図書館,コロンビア大学図書館での調査をもとに,RDA導入後の実態について報告する。調査から,RDAはスムーズに導入されたことが分かった。この理由としては(1)研修の成果,(2)RDAテストによる段階的な知識の普及に加え,(3)メタデータフォーマットが変更されなかったことが挙げられる。したがってMARC21の次のメタデータフォーマット,BIBFRAMEの動向は今後もその動きに注意が必要だ。

著者関連情報
2014 (c) 大学図書館研究編集委員会
前の記事 次の記事
feedback
Top