心身健康科学
Online ISSN : 1882-689X
Print ISSN : 1882-6881
原著論文
精神的作業負荷が立位時の体幹動揺に及ぼす影響
—心身健康科学の視点からの検証—
大山 史朗坂本 和義鈴木 はる江
著者情報
ジャーナル フリー

14 巻 (2018) 1 号 p. 17-25

詳細
PDFをダウンロード (964K) 発行機関連絡先
抄録

本研究では, 精神的ストレスが立位における体幹動揺および自律神経機能へ及ぼす影響について検証した.

対象は健常成人男性16名とした. 精神的作業負荷として文字の意味と色が一致しない文字列を音読するストループ課題 (ST) を, コントロール課題としてモノクロ文字列の音読を実施した. 測定項目は, 課題に対する主観的評価 (VAS), 背部2箇所 (第1・2胸椎部, 第11・12胸椎部) の振動, 耳朶脈波とした. 脈波の周波数解析から低周波数成分を高周波数成分で除した値 (LF/HF 値) を自律神経機能として分析に用いた.

心理的ストレスおよび疲労感のVASは, ST後でコントロール課題後と比べて有意に高値を示した (P<0.05). 第1・2胸椎部の動揺およびLF/HF値は, ST中で試行の前後と比べて有意に高値を示した (P<0.01). 精神的ストレスにより上部体幹の動揺とLF/HF値が高まることから, 精神的ストレスは交感神経活動亢進を伴って筋緊張を亢進させると示唆された.

著者関連情報
© 2018 日本心身健康科学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top