医療福祉政策研究
Online ISSN : 2433-6858
新自由主義的医療改革における韓国と日本の比較研究
小笠原 信実
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2019 年 2 巻 1 号 p. 113-136

詳細
抄録

 世界的な新自由主義化の影響をうけながら、韓国では2004年に廬武鉉政権により、日本では2001年に小泉政権により、新自由主義的医療改革が開始され、両国の産業界とアメリカの要求を受けながら類似した内容の改革が試みられた。しかし韓国では公的医療保険の給付水準が低かったこととサムソン財閥が医療産業の拡大と参入を強力に進めたために新自由主義的医療改革が急速に進んだのに対し、日本では漸進的にしか進まなかった。

著者関連情報
© 2019 日本医療福祉政策学会
前の記事 次の記事
feedback
Top