J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本耳鼻咽喉科学会会報
Vol. 115 (2012) No. 2 P 73-84

記事言語:

http://doi.org/10.3950/jibiinkoka.115.73

総説

子宮頸癌は発癌原因が主にHPV感染であることが明らかにされていた. 50年以上前から行われてきた子宮頸癌検診による二次予防に加えて, HPVワクチン開発・臨床応用によって一次予防も可能になり, 疾患の征圧を視野に入れた予防活動が世界的に繰り広げられている. 一方, 分子疫学の発展により, 子宮頸癌以外の性器肛門癌や頭頸部癌の多くにもHPVが関連していることが認められ, 予防・検診・治療に新しい展開がみられる. 本稿では, 前半にHPVの生物学, 子宮頸癌およびHPV関連疾患の概説を行い, 後半には頭頸部癌とHPVの関わりを解説する.

Copyright © 2012 一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会

記事ツール

この記事を共有