日本耳鼻咽喉科学会会報
Online ISSN : 1883-0854
Print ISSN : 0030-6622
ISSN-L : 0030-6622
最新号
選択された号の論文の14件中1~14を表示しています
総説
  • 森 浩一
    原稿種別: 総説
    2020 年 123 巻 9 号 p. 1153-1160
    発行日: 2020/09/20
    公開日: 2020/10/01
    ジャーナル フリー

     吃音は, 呼吸と発声・構音器官に器質的な障害や可動制限が原則としてなく, 吃音中核症状 (繰り返し, 引き伸ばし, 阻止・ブロック) を生じる発話障害である. ほとんどは幼小児期に発症する発達性吃音である. 獲得性吃音としては成人後の心因性が多いが, まれに脳損傷 (神経原性) と薬剤性もある.

     診断基準は, 吃音検査で中核症状が100文節あたり合計3以上あることである. しかし, 自分の名前のみ吃る症例等も見られ, 頻度は絶対基準ではない. 発話に際しての渋面や手足を動かすなどの随伴症状は, 吃音にかなり特異的である. 鑑別疾患として, 言語発達遅滞・異常, 構音障害, 発声障害, チック, 場面緘黙, 脳損傷等がある. 早口言語症 (クラタリング) は, 鑑別も必要であるが, 吃音との併発もある.

     発達性吃音は3歳前後に好発し, 幼児の1割程度に発症する. 発症要因の7割以上が遺伝性であり, 育て方が原因という「診断原因説」は否定されている. 発吃から2~3年程度までの経過で7割以上が自然治癒する. したがって, 幼児期には楽に話せる環境を整えながら経過を追い, 発話に苦悶・努力や悪化傾向があるか, 就学1年前頃になっても改善傾向がない場合に言語治療を開始する. 幼児期の言語訓練は有効率が比較的高い.

     8歳頃以降は自然治癒が少なくなる一方, 独り言ではほぼ吃らなくなり, 状況依存性が強くなる. 学齢期に約半数がいじめやからかいを経験するので, 対策が重要であり, 診断書等で対応する. 学齢後期以降には, 吃音を隠そうとして多彩な, しばしば不適切な対処行動を発達させ, 思春期以降は社交不安障害やうつ等の精神科的問題も併発しやすい. 言語訓練は単独では長期的な有効率が低く, 心理面・社会面のサポートも必要である. 就学・就労支援として, 診断書によって差別解消法に基づく合理的配慮を求めることができる. 発達性吃音であれば発達障害者支援法に基づき, 精神障害者保健福祉手帳の取得が可能である.

原著
  • 宮本 真, 渡邉 格, 橋本 麻未, 中川 秀樹, 齋藤 康一郎
    原稿種別: 原著
    2020 年 123 巻 9 号 p. 1161-1167
    発行日: 2020/09/20
    公開日: 2020/10/01
    ジャーナル フリー

     耳鼻咽喉科の一般診療において, 小児を診察する機会が多く, その対象は “みみ”, “はな”, “のど” の多岐にわたる疾患である. “のど” は呼吸, 音声, 構音, 嚥下にかかわっているが, これらがまとまった臨床統計はほとんどない. 今回われわれは当科小児気道外来と音声外来の2つの専門外来を受診した小児患者 (15歳未満) 73名のうち, 舌根嚢胞再発の患児1名と一般外来での診察が多いアデノイドや扁桃肥大に伴ういびきの患児1名を除いた71名を対象に検討した.

     受診時の年齢は生後2日~14歳7カ月であり, 1歳未満での紹介が29.6%であった. 呼吸に関する患児は34名であり, そのうち喘鳴や無呼吸を主訴とした患児は20名であった. 喘鳴を主訴とした患児11名のうち9名が喉頭軟弱症, 1名が喉頭軟弱症+気管軟弱症であった. 無呼吸では早期産で低出生体重児など生理的な無呼吸が多く見られたが, 原因が判明しなかった児もいた. 気管切開に関する患児では, 気管孔や気管内の肉芽, 気管内出血など気管切開術に関する合併症での紹介であり, 手術加療が必要であった. 音声障害の患児は32名で, 声帯結節が全体の9割弱であり, 受診時の年齢も6~8歳にピークを認めた. 治療として声の衛生指導のみで半数近くに声帯結節の縮小を認めた.

     小児の “のど” といった気道評価を行う場合, 気道の専門家としてわれわれ耳鼻咽喉科医の果たす役割は大きいと考える.

  • 杉本 寿史, 波多野 都, 吉崎 智一
    原稿種別: 原著
    2020 年 123 巻 9 号 p. 1168-1174
    発行日: 2020/09/20
    公開日: 2020/10/01
    ジャーナル フリー

     進行期聴器扁平上皮癌は予後不良な疾患である. なぜなら近傍に頭蓋底や大血管が存在するため, 進行すると safety margin をつけた一塊摘出が困難となってしまうためである. また, 骨または軟骨浸潤する腫瘍は放射線治療に抵抗性であるために, 骨浸潤することが多い進行期聴器扁平上皮癌は放射線治療で制御しがたいこともその理由の一つである. 今回われわれの施設および関連施設において, 14例の進行期聴器扁平上皮癌患者に対して動注化学療法併用放射線治療を行った. 5年推定累積生存率は64.3%と比較的良好な結果であったが, 頸部リンパ節転移のある症例においては4例のうち2例が肺転移にて原病死し, 1例が肺転移を含めた担癌状態と満足のいく結果が得られなかった. 2011年からの6例は, シスプラチン 150mg/body を5クール (総量 750mg) で固定したが, 重篤な骨壊死や血管塞栓は見られなかった. 2症例において顔面神経麻痺を発症したが, ステロイド投与後すみやかに正常回復した. すべての症例で中断や脱落なく治療を遂行できた. 今回の結果から本治療は, 局所の進行度が高くリンパ節転移のない症例, 全身化学療法の完遂が困難な症例に対する治療の選択肢の一つとなるものと考えられた. ただし腫瘍の栄養血管が後耳介動脈, 浅側頭動脈, 後頭動脈, 外頸動脈, 上行咽頭動脈と多岐にわたるため, 的確な血管造影手技を擁する施設において行うことが推奨される.

  • 田村 悦代, 山田 千積, 飯田 政弘, 大上 研二
    原稿種別: 原著
    2020 年 123 巻 9 号 p. 1175-1182
    発行日: 2020/09/20
    公開日: 2020/10/01
    ジャーナル フリー

     健診受診者で音声に対する明らかな症状を訴えていない健常な中高年齢者の音声機能を測定, 加齢による変化を検討し, 音声治療への対応について言及した. 対象は, 2016年9月~2018年9月までの抗加齢ドック受診者302名で, 3つの年代群に分けて検討した. 発声機能検査装置を用いて, 5種類の発声 (楽な声, 最も強い声・最も弱い声, 最も高い声・最も低い声) における基本周波数, 音圧, 呼気流率および最長発声持続時間を測定した. さらに, 基本周波数, 音圧, 呼気流率について, それぞれ2者の関連を検討し, 発声調節の変化についても考察した. 加齢と共に, 声域は狭くなり, 基本周波数では, 男性では, 楽な声や最も低い声で上昇し, 最も高い声では低下していたが, 女性では全体的に低下していた. また, 呼気流率では, 男性では加齢とともに4種類の声で増加していたが, 女性では年代ごとの有意差は見られなかった. 各パラメータ相互の関連から最も強い声は, 呼気流率との関連が男女共通して認められたが, 最も弱い声では, 性や年齢により基本周波数や呼気流率と音圧の関連が異なっていた.

     以上の結果により, 加齢による音声機能の変化が男女で異なることが推測され, 音声治療施行に際して, 男性では, 過緊張発声状態を緩和するリラクゼーションを主体とした音声治療を, 女性では, 基本周波数の調節を主体とした包括的音声治療などが推奨される.

  • 松原 彩, 髙木 明, 木谷 芳晴, 山下 勝, 鳥居 紘子, 倉田 馨介, 音成 恵梨子
    2020 年 123 巻 9 号 p. 1183-1190
    発行日: 2020/09/20
    公開日: 2020/10/01
    ジャーナル フリー

     オージオグラムで感音難聴の像を呈する6耳の耳小骨固着病変 (アブミ骨底を除く) に対して固着解除術を行い, 良好な気骨導改善を認めたので報告する. 6耳の術前気骨導差は平均で 7.8dB と小さく聴力検査上, 感音難聴と診断される症例だったが, 気密耳鏡で耳小骨固着が示唆され, 耳小骨筋反射, 高分解能側頭骨 CT で耳小骨固着症と診断, 固着解除術を施行した. 固着はツチ骨頭固着4耳と, キヌタ骨体部固着2耳だった. これらの術後の聴力改善は, 6症例平均で気導 18.6dB, 骨導 15.3dB だった. 耳小骨固着症例の中には, 見かけ上感音難聴の聴力像を呈する症例があり, 固着解除により大幅な聴力改善を示す症例があることを報告する.

最終講義
  • 阪上 雅史
    2020 年 123 巻 9 号 p. 1191-1196
    発行日: 2020/09/20
    公開日: 2020/10/01
    ジャーナル フリー

     中耳手術中に鼓索神経を操作し術後味覚障害が起こることは知られているが, 術後の味覚障害の回復過程についてはあまり知られていない. 本稿では味覚障害が関係した興味深い症例5例を提示し, 当科で行った症例に関連する臨床研究の結果, 味覚障害を避ける保存的中耳根本術, 小児の良好な術後の味覚回復率, 鼓索神経切断後の断端吻合, 聴力改善より味覚維持を重要視する場合, 舌の痺れの出現率と回復率を記載した. 中耳手術は機能手術であるので, 聴力改善や真珠腫除去を目指すだけでなく, 患者の術後の QOL を考慮すべきことを強調したい.

スキルアップ講座
専門医通信
専門医講習会テキストシリーズ
ANL Secondary Publication
feedback
Top