情報メディア研究
Online ISSN : 1349-3302
Print ISSN : 1348-5857
ISSN-L : 1348-5857
論文
「複合メディア環境」におけるテレビ視聴者行動
―「テレビ指向グループ」と「ネット指向グループ」に対する質問票調査から―
河田 隆永田 治樹
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 11 巻 1 号 p. 15-31

詳細
抄録

[抄録]最近,インターネットを利用した動画コンテンツの配信が盛んになっている.また,ブログやSNS(Social Networking Service)のように,情報の送り手と受け手が相互に入れ替わるCGM(Consumer Generated Media)の利用者が急増している.このような新しいメディア環境において,本研究では,テレビ視聴が人々にどう捉えられているのかを示すため,ブログやSNSをはじめとしたCGMを利用する時間がテレビ視聴時間よりも長いと感じている人々(ネット指向グループ)とそうでない人々(テレビ指向グループ)を区別した調査票調査を実施し,その結果を用いた因子分析を行った.また,因子得点を利用したクラスター分析を用いて,特徴的な五つのテレビ視聴パターンと,上述の二つのグループとの関わりを分析した.

著者関連情報
© 2012 情報メディア学会
前の記事 次の記事
feedback
Top