発達心理学研究
Online ISSN : 2187-9346
Print ISSN : 0915-9029
原著
発達障害における基礎研究と臨床への適用
自閉症スペクトラム障害と心の理論の視点から
藤野 博
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 24 巻 4 号 p. 429-438

詳細
抄録

心の理論(ToM)の発達に関する基礎研究は発達障害の臨床研究と実践に影響を与え,また臨床事例を対象とした研究はToMの発達基盤の解明に向けられた基礎研究の進展に貢献してきた。本論文では最初に,メタ表象操作に関わるToMの概念が自閉症スペクトラム障害(ASD)の社会性やコミュニケーションの問題を認知的な視点から説明できる可能性への期待が発達障害の臨床研究に与えた影響について展望するとともに,この概念が適用できる範囲について問題提起した。次いで,ToMのアセスメント・ツールとして藤野(2002,2005b)が開発した「アニメーション版心の理論課題」の妥当性について示し,これを適用して収集したデータに基づいて,学齢期のASD児におけるToMの発達過程,ToMの獲得と言語力の関係,ToMの問題に対する発達支援における2つのアプローチの有効性と限界,ToMの獲得と精神的健康の問題について論じた。そして最後に,ASD者の側から見たToM研究の問題点について批判的に検討した。

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本発達心理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top