教育心理学研究
原著
コーピングの選択と効果の個人差を規定する要因の検討
髙本 真寛
著者情報
ジャーナル フリー

65 巻 (2017) 1 号 p. 52-63

詳細
PDFをダウンロード (509K) 発行機関連絡先
抄録

 本研究は脅威性, コーピング, 感情というストレス・プロセスにおいて変量効果を仮定することで個人差を表現し, 諸変数間の関連を明らかにすることで対人ストレスを経験した後に生じる個人差をパーソナリティ特性とコーピング評価によって説明できるかを検討した。本研究では, 日誌法を用いて82名の大学生に調査を行い, 1週間にわたって1日2回, 日々の日常的出来事, 対人ストレス, コーピング, 半日の感情状態について回答を求めた。分析の結果, 積極的行動と回避的思考の行使はそれぞれ個人内水準において適応的な遅延効果と即時的効果を示し, 回避的行動の行使は不適応的な即自的効果を示した。また, 肯定的解釈の行使は個人内水準において, 直後には適応的効果をもつにもかかわらず, その後に不適応的効果を示すという逆転効果をもつことが示された。さらに, コーピング評価と神経症傾向では, 脅威性と回避型行動および回避的思考と抑うつ・不安との間でクロス水準交互作用が確認されたが, その効果はあくまでも限定的なものに留まった。最後に, 介入研究における個人内プロセスの個人差を変量効果として扱うことの重要性を議論した。

著者関連情報
© 2017 日本教育心理学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • 会員の皆様へ教育心理学研究』65巻2号を8月10日にお送りしました。
    届いていない方は,学会事務局までご連絡をお願いします。
    日本教育心理学会 学会事務局
    TEL:03-3818-1534 FAX:03-3818-1575
    E-mail:office(at)edupsych.jp
その他のお知らせ
  • 日本教育心理学会では,教育心理学に関する研究の振興と研究成果の社会への還元を目的に,公開シンポジウムを開催しています。
    2017年度の公開シンポジウムは12月3日(日)13:00から東京大学経済学部第1教室で開催いたします。
    詳細は以下URLの専用ページをご覧ください。
    https://www.edupsych.jp/open-symposium2017/

関連情報

第60回総会は,以下の日程で開催します。
開催日 : 2018年9月15日(土)~17日(月・祝)
担当校 : 慶応義塾大学
場 所 : 慶応義塾大学日吉キャンパス(独立館)

feedback
Top