J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

音声言語医学
Vol. 51 (2010) No. 2 P 183-186

記事言語:

http://doi.org/10.5112/jjlp.51.183

特集<喉頭瘢痕性病変へのアプローチ>

声帯の瘢痕病変の代表である声帯溝症等は, 発声障害のみならず進行すると, 力が入らない, 重い荷物が持てない等の胸郭の固定障害, 気管につばが流入するなど嚥下障害, つまり社会生活におけるQOLの著明な低下をきたす. 若年者 (65歳未満) では頻度は低いが, 発症すれば活躍すべきときに音声言語コミュニケーション障害をきたし, メガネ, 補聴器に比し, 一見理解しにくい分, 大きなハンディーとなりうる.
治療の歴史は, さまざまな物質の声帯への注入や, 一色の手術を含む多くの音声外科治療が行われている. 私は自家筋膜を移植, 創傷治癒機転により声帯を再生させる「声帯内側頭筋筋膜自家移植:ATFV」法と, 発声訓練による積極的介入を行っている.
しかしながら診断・治療法は施設によりまちまちで, QOLの地域格差の出現も懸念される. その最大の理由は, 診断基準を含め, 国内・外を問わず大規模な疫学を含む診断・治療の実態調査が行われていないことが考えられる.
視・聴覚に対するメガネ, 補聴器など, 感覚器情報のinput器官では当たり前に行われている対策を, 感覚器情報へのoutput障害 (発声障害) の代表として声帯溝症を選び, 患者の症状と要望, 診断・治療の実態など, 臨床調査研究を効率良く実施し不明な点を明確にし, 安全かつ経済的な診断・治療法の選択とその診断治療の標準化を図る指針・ガイドラインの作成を提案すべく班研究を開始している.

Copyright © 2010 日本音声言語医学会

記事ツール

この記事を共有