J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本鳥学会誌
Vol. 58 (2009) No. 2 P 161-170

記事言語:

http://doi.org/10.3838/jjo.58.161

原著論文

スズメPasser montanusの数が減っているのではないか,という声を,近年,各所で耳にする.そこで本研究では,スズメの個体数に関する記述および数値データを集め,スズメの個体数が本当に減少しているかどうか,減っているとしたらどれくらい減っているのかを議論した.その結果,現在のスズメの個体数は1990年ごろの個体数の20%から50%程度に減少したと推定された.1960年代と比べると減少の度合いはさらに大きく,現在の個体数は当時の1/10程度になった可能性がある.今後,個体数をモニタリングするとともに,個体数を適切に管理するような方策をとる必要があるだろう.

Copyright © 2009 日本鳥学会

記事ツール

この記事を共有