日本鳥学会誌
Online ISSN : 1881-9710
Print ISSN : 0913-400X
ISSN-L : 0913-400X
最新号
選択された号の論文の14件中1~14を表示しています
巻頭言
特集:島嶼生態系と侵略的外来哺乳類
原著論文
  • 堀越 和夫, 鈴木 創, 佐々木 哲朗, 川上 和人
    原稿種別: 原著論文
    2020 年 69 巻 1 号 p. 3-18
    発行日: 2020/04/23
    公開日: 2020/05/16
    ジャーナル 認証あり

    小笠原諸島の絶滅危惧種アカガシラカラスバトColumba janthina nitensの個体数は非常に少なく,その個体群の存続には侵略的外来種であるネコの捕食圧が大きく影響していると考えられていた.このため,諸島内の最大の有人島である父島では,2010年から島内全域でネコの捕獲が行われ,2013年頃にはその個体数が当初の10分の1以下になったと考えられている.また,集落域では飼いネコの登録や不妊去勢の推進が行われ,ノラネコの個体数も減少した.そこで,ネコ対策の効果を明らかにするため,一般からの目撃情報に基づき2009年から2017年におけるアカガシラカラスバトの個体数と分布の推移を明らかにした.その結果,個体数は夏期/冬期,山域/集落域を問わず,2012年から2013年に大幅な増加が見られた.また分布域は2009年には山域や集落の一部に限られていたが,2017年には集落域の8割および山域の6割まで拡大し,繁殖域は当初の分布面積の2倍に拡大した.これら個体数の増加,分布域と繁殖域の拡大時期は,山域でのネコ個体数が最少となり,また集落域の野外の個体数も減少した時期であった.一方,2014年以後はハト個体数の増加傾向が見られなくなっているが,この時期は山域のネコの個体数が回復傾向にある時期と重なっていた.以上のことから,アカガシラカラスバトの集団の回復にはネコ対策が効果的であると言え,今後トラップシャイ個体の効率的な捕獲手法を開発する必要がある.また,この鳥は頻繁に島間移動するため,他島での対策も進める必要がある.

  • 小高 信彦, 渡久地 豊
    原稿種別: 原著論文
    2020 年 69 巻 1 号 p. 19-30
    発行日: 2020/04/23
    公開日: 2020/05/16
    ジャーナル 認証あり

    侵略的外来種フイリマングースHerpestes auropunctatus(以下マングース)は沖縄島北部やんばる地域に固有のヤンバルクイナGallirallus okinawaeやホントウアカヒゲLuscinia komadori namiyeiの個体群に深刻な影響を与えていると考えられている.本研究では,沖縄島北部の森林の地上付近に営巣する鳥類の巣の卵に対する捕食圧と捕食者相について,マングースの定着地域と非定着地域の比較を行うために人工巣捕食実験を行った.人工地上巣の捕食率は両調査地で高く,マングースの定着地域と非定着地域における統計的な有意差はみられなかった.マングースの定着地域では,ハシブトガラスCorvus macrorhynchos,マングース,クマネズミ属Rattus spp.による人工地上巣の捕食が確認された.一方,マングースの非定着地域では,ヤンバルクイナ,ハシブトガラス,イノシシ,クマネズミ属による人工巣の捕食が確認された.マングースの定着地域の森林生態系を修復し固有鳥類の個体群を回復するためには,マングースの排除とともに,人為的な影響によって個体密度が増加すると考えられるハシブトガラスや侵略的外来種であるクマネズミ属の対策も考慮に入れる必要があると考えられた.マングースの非定着地域では,ヤンバルクイナが主要な人工地上巣の捕食者となっていた.ヤンバルクイナは食肉目のような捕食性哺乳類のいない捕食圧の低い沖縄島の安全な環境下で無飛翔化の進化を遂げてきただけではなく,空いている食肉目の採餌ニッチを利用していると考えられる.

総説
  • 長嶺 隆
    原稿種別: 総説
    2020 年 69 巻 1 号 p. 31-40
    発行日: 2020/04/23
    公開日: 2020/05/16
    ジャーナル 認証あり

    沖縄島北部やんばる地域の森林にはヤンバルクイナGallirallus okinawaeをはじめ多くの固有種が生息している.無飛翔性のヤンバルクイナに代表されるように,島で進化した固有種は外来哺乳類による捕食に対して脆弱であり,やんばる地域ではイエネコFelis catusによる固有種の捕食が生物多様性の保全上,重要な課題となっている.やんばる地域では,イエネコによる固有種の捕食被害を減らすため,地元の自治体が主体となってマイクロチップを用いた登録制度を含むネコの適正飼養条例を制定した.これらの取り組みにより,飼いネコとノネコを識別することができるようになり,やんばる地域の森林域におけるノネコ対策に大きく貢献した.やんばる地域の固有種の保全のためには,沖縄島の北部だけではなく島全体の取り組みが重要であり,今後もノネコの捕獲と飼いネコの適正飼育の徹底が必要である.

原著論文
  • 田悟 和巳, 髙橋 明寛, 萩原 陽二郎, 益子 理, 横山 陽子, 近藤 弘章, 有山 義昭, 樋口 広芳
    原稿種別: 原著論文
    2020 年 69 巻 1 号 p. 41-61
    発行日: 2020/04/23
    公開日: 2020/05/16
    ジャーナル オープンアクセス
    電子付録

    渡り鳥の多くは夜間に渡りを行っていることが知られている.しかし,夜間における渡りの動向を調査する方法は限られているため,日本ではその実態はほとんどわかっていない.そこで,北海道から九州の140地点で船舶レーダーを用いた夜間の渡り鳥の調査を実施した.レーダー調査では種の同定はできないものの,夜間でも鳥類の飛跡数を定量的に調査でき,飛翔高度等が把握できるという利点がある.調査は各地点とも秋・春2回ずつ,日没時刻から日出時刻後3時間まで行い,幅2 kmの範囲の上空を飛翔する渡り鳥の飛跡数を計測した.560地点の飛跡数の平均は秋季14,415,春季4,388で,最大は109,693飛跡であった.飛跡数と環境条件との関係について一般化線形混合モデルにより解析した.応答変数は飛跡数,説明変数は調査地点の緯度,経度,調査時期,標高,地形,レーダー画像取得時間の割合,調査開始時の雲量とした.飛跡数に関係する要因として重要なのは,調査開始時の雲量であった.飛翔高度は対地高度300–400 mを頂点とする一山型を示した.飛翔時間は,日の入り時刻後80分から140分後頃に最大値を迎え,その後,徐々に減少した.本調査により推定された渡りのルートの多くが,既存の調査により既に知られており,このことは,本研究の結果の有効性を示唆するとともに,上昇気流を利用して日中に渡りを行う種と夜間に渡りを行う種の渡りルートは類似していることを示唆していた.このように船舶レーダーを用いた手法は,夜間を含む渡り鳥の動向を調査する方法として,優れた手法であることが明らかになった.

  • 合田 延寿, 坂本 明弘
    原稿種別: 原著論文
    2020 年 69 巻 1 号 p. 63-74
    発行日: 2020/04/23
    公開日: 2020/05/16
    ジャーナル 認証あり

    岡山県吉備中央町において,ブッポウソウEurystomus orientalis個体群の成長動向にかかる4つのパラメーター(繁殖開始年齢,年繁殖成功,雛の生存率,成鳥の年生残り率)を求めた.繁殖開始年齢2歳,年繁殖成功3.5羽,雛の生存率22%,成鳥の年生残率68%であった.また,雛には他の繁殖地間との出生分散が確認された.得られた結果から,吉備中央町ブッポウソウ個体群の成長動向の指標である純増殖率が1.08と,個体群として成長が期待できるレベルにあることが示された.また,先行研究における遺伝子解析から,本種は遺伝的多様性が高いことが報告されているが,この遺伝的多様性を生んでいる背景について,雛の出生分散が種の地域間交流を促進し,遺伝的多様性を支える背景にあると推察された.

  • 千葉 夕佳
    原稿種別: 原著論文
    2020 年 69 巻 1 号 p. 75-90
    発行日: 2020/04/23
    公開日: 2020/05/16
    ジャーナル 認証あり
    電子付録

    小笠原諸島に生息するノスリの1亜種であるオガサワラノスリButeo buteo toyoshimaiは,極めて個体数が少なく,絶滅危惧種に指定されている.近年,オガサワラノスリは外来クマネズミRattus rattusに餌を依存している.このため,在来生物相の保全を目的とした外来ネズミ駆除は,オガサワラノスリに餌不足をもたらすかもしれない.本研究は,外来ネズミ駆除後の代替餌資源となりうる在来海鳥類を取り上げ,被食海鳥の種類,繁殖ステージ,捕食方法を明らかにすることを目的とした.父島列島の南島において,海鳥の被食痕を探索し,オガサワラノスリによる海鳥捕食行動を観察した.発見した86の食痕のうち,66がオナガミズナギドリPuffinus pacificus,16がアナドリBulweria bulweriiで,両種が全体の95.3%を占めた.オナガミズナギドリ成鳥の被食痕は4–6月,アナドリ成鳥は6,7月,アナドリ幼鳥は9,10月,オナガミズナギドリ幼鳥は9–1月に発見され,産卵から抱雛期の両種の成鳥と,ある程度成長した巣内雛が捕食されることが明らかになった.カツオドリSula leucogasterは,通常の捕食対象とは考えにくかった.オガサワラノスリは,海鳥の営巣地上を飛翔もしくは歩いて探餌し,発見したアナドリを岩陰から脚で引き出した.オガサワラノスリは,オナガミズナギドリを自身の巣から遠い場所で捕えても巣までの運搬が困難であるかもしれず,アナドリは営巣開始時期が遅いために巣内雛の餌資源になりにくいかもしれない.海鳥類がネズミ駆除後の代替餌として十分機能するには,オナガミズナギドリとアナドリの営巣地の拡大と,両種の不在を補う繁殖期の異なる小型海鳥の増殖が必要である.

短報
  • 福田 道雄
    原稿種別: 短報
    2020 年 69 巻 1 号 p. 91-95
    発行日: 2020/04/23
    公開日: 2020/05/16
    ジャーナル 認証あり

    日本では,現在非常に多数のペンギンが飼育されている.このような状態になった理由を解明するため,ペンギンの渡来史を調べた.『禽譜』によれば,ペンギンの全身と部分の皮が,江戸時代の享保年間(1716–1736)と1821年に渡来し,どちらの種もキングペンギンAptenodytes patagonicusであった.筆者は,貴志孫太夫が転写したと考えられる『鳥獣図』に描かれたフンボルトペンギンSpheniscus humboldtiの図を見つけた.そして,その原図で写生されたフンボルトペンギン標本の渡来時期は,貴志忠美が没した1857年以前と推定できた.

観察記録
その他
feedback
Top