日本鳥学会誌
Online ISSN : 1881-9710
Print ISSN : 0913-400X
ISSN-L : 0913-400X
最新号
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
巻頭言
原著論文
  • 永井 里奈, 佐藤 久一郎, 三上 修
    原稿種別: 原著論文
    2022 年 71 巻 1 号 p. 3-11
    発行日: 2022/04/22
    公開日: 2022/05/11
    ジャーナル 認証あり

    人々にとってカラスとスズメは身近な鳥であり,日常生活の中でさまざま関わりを持っている.そういった関わりの結果,人々は,これらの鳥に好悪を含めた何らかの印象を持っており,また経年的に変化していると考えられる.しかし,定量的には調べられていなかった.そこで本研究では,新聞記事がこれらの鳥に対する人々の印象を反映しているという前提に立ち,人々のこれらの鳥に対する印象と,その経年的な変化を明らかにすることを目的とした.朝日新聞のオンライン・データベース「聞蔵Ⅱビジュアル」を使用して「カラス」および「スズメ」に関する新聞記事を検索し,どれくらい記事になっているか,またどのような印象で記事が書かれているか,それは経年変化しているかを調べた.その結果,1990年以降,「カラス」と「スズメ」に関する記事は,総記事数に対し,それぞれ0.08%前後,0.04%前後の割合で記事になっていることがわかった.カラスに対しては,否定的な印象で書かれている記事が多く,スズメは逆に肯定的な印象で書かれている記事が多かった.この傾向は,2000–2001年と2015–2016年の間で比較すると,強まっていることが明らかになった.

  • 濱尾 章二, 那須 義次
    原稿種別: 原著論文
    2022 年 71 巻 1 号 p. 13-20
    発行日: 2022/04/22
    公開日: 2022/05/11
    ジャーナル オープンアクセス

    鳥の巣からは多くの昆虫が見いだされ,鳥は昆虫の生息場所(ハビタット)を作り出す生態系エンジニアとしての役割を担っている可能性が考えられている.しかし,そのことを実証する生態学的研究はほとんど行われていない.そこで,シジュウカラParus minor用巣箱を用い3年間の調査と実験を行って,鳥の繁殖活動が昆虫の生息場所を作り出しているか,そして昆虫は鳥の巣を積極的に利用しているかどうかを調べた.調査の結果,初卵日から巣立ちあるいは捕食,放棄が起きるまでの巣の利用期間が長い巣ほどケラチン食の昆虫が発生しやすかった.腐食性の昆虫でも同様の傾向が見られた.これらのことは,羽鞘屑に依存すると考えられているケラチン食の昆虫に加え,広く腐植質を摂食する昆虫にとっても,鳥の営巣が新たな生息場所を作り出していることを示唆する.また,鳥が利用を終えた後直ちに巣材を採集した場合と3週間後に巣材を採集した場合を比較したところ,昆虫の食性によらず,昆虫の発生する割合は処理による差が見られなかった.このことは,昆虫が鳥の営巣中から巣に侵入していることを示唆する.

短報
  • 本多 里奈, 阿部 誠一, 高橋 雅雄, 東 信行
    原稿種別: 短報
    2022 年 71 巻 1 号 p. 21-28
    発行日: 2022/04/22
    公開日: 2022/05/11
    ジャーナル 認証あり

    青森県のカワウPhalacrocorax carboについて,長期存続するコロニーの営巣数変動とコロニー新設の関係を明らかにするために,下北半島の山辺沢沼コロニーおよびカッタイ池コロニーにおいて1980–2020年に営巣数の長期モニタリングを,青森県全域において2015–2020年にコロニーの分布と営巣数の広域調査および1980–2015年のコロニー形成状況に関する情報収集をおこなった.山辺沢沼コロニーおよびカッタイ池コロニーは営巣数の減少を4回経験し,その前年もしくは前々年にそれまでの最大営巣数(546–699巣)に達していた.2009–2011年の減少と同時期に県内で新規コロニーが1か所確認され,2020年の青森県のコロニーは10か所になった.この減少と繁殖個体の分散が青森県内のコロニー新設のきっかけになったと考えられた.

観察記録
その他
feedback
Top