日本口腔粘膜学会雑誌
Online ISSN : 1884-1473
Print ISSN : 1341-7983
原著
白金ナノコロイドによる過酸化水素由来細胞障害性の抑制
長尾 清香佐藤 拓也加藤 伸一チェン リ宮本 有正
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 15 巻 1 号 p. 29-36

詳細
抄録

近年,活性酸素は様々な炎症性疾患との関連性が示唆されており,様々な機構によって組織に損傷を与えることが知られている。活性酸素への防御については,生体内に備えられている内因性抗酸化システムに加えて,近年では抗酸化物質に注目が集まっている。白金ナノコロイドは,平均粒径約2nmの白金粒子が分散したコロイド状溶液であり,過酸化水素等の活性酸素を触媒的に消去する新規抗酸化物質である。そこで,われわれは活性酸素由来の炎症を白金ナノコロイドが抑制するのではないかと考え,基礎研究の第一歩としてヒト口腔上皮細胞を用いたin vitro実験を実施した。その結果,過酸化水素の添加による細胞活性の低下及び細胞からのIL-8産生量増加を,白金ナノコロイドが抑制することが明らかとなった。本研究より,白金ナノコロイドによる,活性酸素由来の炎症に対する抑制効果が期待される。

著者関連情報
© 2009 日本口腔内科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top