生理心理学と精神生理学
テクニカルノート
脳画像研究におけるグラフ理論の基礎
小野田 慶一
著者情報
ジャーナル フリー

33 巻 (2015) 3 号 p. 231-238

詳細
PDFをダウンロード (736K) 発行機関連絡先
抄録

脳は複雑なネットワークであり,特性や状態によって変化する動的な存在である。グラフ理論解析により,こうした脳ネットワークを神経生物学的に有意義な,かつ計算の簡単な指標によって特徴づけることが可能である。本稿では,脳の結合データからネットワークを構築する手法に関して議論し,脳機構の機能分離,機能統合,中心性などを定量化するネットワーク指標を説明する。最後に,グラフ理論解析に用いられるツールを紹介する。

著者関連情報
© 2015 日本生理心理学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top