全日本鍼灸学会雑誌
Online ISSN : 1882-661X
Print ISSN : 0285-9955
ISSN-L : 0285-9955
顔面神経麻痺に対する透刺療法の追究
松岡 憲二清藤 満吉
著者情報
ジャーナル フリー

1982 年 31 巻 3 号 p. 279-283

詳細
抄録

中国は鍼麻酔を始めとして, 頭針, 耳針, 透刺療法等の新しい鍼灸療法を開発しているが, その中で, 今回, われわれは顔面神経麻痺 (特に末梢性のベル麻痺)に対し透刺療法を応用して, 75症例について臨床追究を行った。
治療方法は, 中国で行われている透刺療法に通電療法を併用し, 透刺区間は下記のごとくである。
○陽白穴から魚腰穴まで
○絲竹空穴から角孫穴へ向けて4cmくらい
○下関穴から聴宮穴まで
○巨〓穴から承泣穴まで
○地倉穴から頬車穴まで
○頬車穴から聴会穴まで
以上の結果, 顔面神経麻痺 (ベル麻痺) に対し8割強が有効であることを確認した。

著者関連情報
© 公益社団法人 全日本鍼灸学会
前の記事 次の記事
feedback
Top