全日本鍼灸学会雑誌
Online ISSN : 1882-661X
Print ISSN : 0285-9955
ISSN-L : 0285-9955
31 巻 , 3 号
選択された号の論文の16件中1~16を表示しています
  • 岡田 博
    1982 年 31 巻 3 号 p. 201-204
    発行日: 1982/01/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    In the long history of man this is a most important period as it is the time during which the question whether or not man will be able to continue to exist peacefully over the next hundred years will be determined. In Japan also, now is the time which will determine whether or not we can continue to maintain the prosperity we enjoy today as country.
    In this unstable state of the world the question of what is essential for the people of this small country lacking in natural resources to manage is probably being discussed from various points of view, political, economic, scientific, etc. From the medical point of view, I believe one of the most important topics is the problem of the aged. At the present the life span of the Japanese is nearly the greatest in the world, second only to that of Iceland. This is of course semething for which we are grateful however the average age of our nations is increasing more rapidly than anywhere in the world. In the next 50 years 1 in every 5 persons will be 65 years of age or older. This is a very serious problem.
    In the future Japanese society it shall be necessary that man regardless of his age should maintain his health and a reason to go on living such that he remains a contributing member of society.
    Based on these premises I'd like to discuss the following topics, introducing also areas of my own research.
    1. Change of age-pattern of our nation
    2. Until what age can man live?
    3. What is longevity?
    4. Measures for the maintenance of the health of aged-psycological aspects, daily life, diet, etc.
  • 松元 丈明
    1982 年 31 巻 3 号 p. 205-216
    発行日: 1982/01/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    針メーカーから販売されている針はどのような実態にあるだろうか。この疑問に答えるために, 今までに針尖と針体の実態を2回, 針の長さと太さの実態を1回報告してきた。方法: 今回は針メーカーに対し再度針の実態調査をして, 実名で公表する旨を事前に予告した。そして, 針メーカー19社よりST製寸6・3番針を50本ずつ総計950本購入し, 針の長さ・太さをすべて実測した。結論: 1) 寸6の針の長さ総平均は67.343mm, 標準偏差0.188mm, バラツキの幅0.88mmである。2) 3番針の太さ総平均は0.1983mm, 標準偏差1.1464μ, バラツキの幅0.005mmである。3) 以上の結果から, 針の長さ・太さの精度が著しく劣るものが多い。故に各針メーカーは十分な品質管理の必要がある。4) 針の長さ・太さなどの規格化を早急に検討し, 実現すべきである。
  • 中崎 正夫
    1982 年 31 巻 3 号 p. 217-222
    発行日: 1982/01/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    鍼治療および麻酔に使用されるステンレス針の折針事故は大きい問題であって, 原因の解明とその対策が要望される。著者は人体条件のシュミレーションとして37℃に保持したリンゲル液を用い, ステンレスを陽極および陰極として通電し折針現象を再現してその原因を深く研究しようとした。
    研究の方法は, 陰陽両極を顕微鏡で観察し, X線回折法によって結晶状態を調査し, 更にX線マイクロアナライザーを用いて成分元素の変化状況を調べ, 最後に機械試験で引張り強度を測定した。これらの研究の結果, 陽極には著しいアノード溶解が起き陰極には“水素化物”が生成され硬脆化することが明らかになった。
  • 二本柳 賢司, 小野 了一, 加藤 隆平
    1982 年 31 巻 3 号 p. 223-231
    発行日: 1982/01/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    遷移金属鍼刺入の影響による生体内金属イオンの存在様態を決定するために, 特性X線スペクトルの分析を試みた。
    その結果, 刺入遷移金属鍼のイオン化の定性とイオンの拡散分布方程式, イオン移動係数に等しい拡散係数そしてイオンの拡散速度を導びいている。
    他方, 刺入金属鍼のイオン化量は刺激時間の増大に伴い増加して, このことは特に筋肉において顕著である。また, Kイオンの内在量は刺激時間の増大に伴い減少し, さらに刺入鍼の通電により組織内各種金属イオンの相対的濃度比が変動することを確認している。
    これらの結果に対して, 金属蛋白の観点より若干の考察を加えている。
  • 本郷 孝博, 松本 勅, 篠原 昭二
    1982 年 31 巻 3 号 p. 232-237
    発行日: 1982/01/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    実験潰瘍に対する薬物の治療効果に関する研究は教多くなされているが, まだ確固たる治療法はみつかっておらず, また鍼灸刺激による治療効果の報告もほとんどみあたらない。そこでわれわれは, ラットの胃の酢酸・焼灼潰瘍に対しての鍼による経穴刺激の影響を組織形態学的に検索した。潰瘍作成部位は, 大彎側よりの血管の乏しい腺胃部とし, その漿膜面に直径3mmの酢酸ろ紙をあて, その上から約90℃に熱したコテをあて, 酢酸・焼灼潰瘍を作成した. 術後3日目を治癒出発点とし, その日から足三里, 胃瘍相当部位に鍼刺激をおこなう鍼刺激群と, 刺激を与えない対照群について治癒の程度を比較した。結果, 鍼刺激群の治癒の程度は, 対照群のそれに比べ, 治癒の促進が観察された。
  • 池内 隆治, 長谷川 汪, 田和 宗徳
    1982 年 31 巻 3 号 p. 238-242
    発行日: 1982/01/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    東洋医学において古くから消化器疾患に対して種々の経穴が用いられ鍼灸治療が行われている。胃疾患に対しては足三里, 陽陵泉などの経穴がよく用いられているが, 足三里では胃酸の分泌が亢進する傾向があり, 胃酸過多の者には用いず陽陵泉を用いる方がよいといい伝えられている。これら経穴の特性についてはいかなる病態生理に基づいたものであるか不明である。
    今回, われわれは, テレメトリ胃腸内pH値測定機を用いて, それぞれの経穴と胃疾患と関係の深い胃液pH値の変動について検討を加えた結果, 足三里刺激群, 梁丘刺激群は胃液の塩酸分泌を亢進する傾向がみられ, 陽陵泉刺激群は胃液の塩酸分泌を抑制する傾向がみられた.
  • 北沢 馨, 伊東 泰孝, 佐神 文郎
    1982 年 31 巻 3 号 p. 243-246
    発行日: 1982/01/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    犬個体が針通電刺激に対していかに対応するのか, また刺激部位 (経穴) の違いによる対応差があるのかを客観的に検討するために, 5頭のビーグル雌成犬を使用して足三里, 腎兪, 咽喉点に針通電した後経時的に採血して radioimmunoassay 法により血中 cortisol 値を測定した。この値は針通電停止抜針直後に最も高く1~2時間後にはほぼ前値に回復した。またその増加率は咽喉点で最高, 足三里がこれにつぎ, 腎兪で最も低かった。総じて血中 cortisol 値は針通電刺激に敏感に対応するが刺激部位の違いに相応するとみられる増加を示し, それらはいずれも持続することなく速やかに回復した。
  • 安雲 和四郎, 錦織 綾彦, 川本 正純, 山口 雄三, 辻本 太郎
    1982 年 31 巻 3 号 p. 247-251
    発行日: 1982/01/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    We examined effects of electro-acupuncture on the jaw opening reflex. Using rats anesthetized with pentobarbital sodium (40mg/kg: intraperitoneal) the jaw opening reflex was evoked by electrical stimulation of the dental pulp. The reflex was evoked by electro-myograms were recorded from the digastric muscle, showing di- or triphasic potentials with latency of about 6 msec. The dental pulp stimulation was preceded by single pulse electroacupuncture (EA) of the fore- or hind-leg.
    Facilitation followed by inhibition of the jaw opening reflex was induced by the EA. The facilitation lasted for about 20 msec and 30 msec in case of the fore- and hind-leg EAs, respectively. The following inhibition was observed up to about 300 msec and 400 msec after the fore- and hind-le2 EA9, respectively.
    It is worthy of note that train pulse EAs diminished inhibition of the jaw opening reflex.
  • 丸山 隆生
    1982 年 31 巻 3 号 p. 252-255
    発行日: 1982/01/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    I will report on therapeutic results obtained using Chinese needles to treat 118 cases of mainly pain related disease met daily in the orthopedic clinic, over the course of 1 year, 6 months beginning in July, 1979. Formerly used acupuncture therapy was supplemented with electrical acupuncture and moxa-needles. The cases included among others lumbar-vertebral hernia, sciatica, deformative spondylosis, muscle-fascia lumbago, etc., among lumbago diseases, cervical spondylosis, cervicoscapulo-brachial syndrome, neck sprain, stiff neck upon rising, and other neck disorders. periarthritis of shoulder, deformative arthralgia of the knee, deformative arthralgia of the hip and chronic articular rheumatism.
    Among lumbago patients results were especially good with muscle-fascial lumbago. In radicular sciatica cases improvement of Lasegue's symptom was observed in early cases, however in older cases improvement of symptoms was temporary or in some cases symptoms recurred. With deformative spondylosis there was a fair number of effective cases. Moxa-needle therapy proved especially effective. With deformative arthralgia of the knee results differed from cases to case. In cases in which X-ray examination revealed severe disorders results were temporary.
  • 後藤 和廣, 平岡 一雅, 鹿児島 裕, 竹内 龍平, 吉田 清和, 岩倉 博光
    1982 年 31 巻 3 号 p. 256-262
    発行日: 1982/01/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    腰部脊柱起立筋を等尺性に収縮した際の単一NMU放電の平均発射間隔 (〓) とその標準偏差 (S) より, 腰痛患者の腰部 trigger point の NMU の性質について検討した。導出された trigger point でのNMU (295 unit) は健康対照群例のNMU (192 unit) に比較し, 座標軸上右側に偏在し, より tonic な活動様式を示していることが観察された。このことより腰部 trigger point での脊髄運動ニューロンの活動様式が他の近接した同名の筋支配の運動ニューロンの活動様式と異なることを示し, 脊髄での反射活動が segmental に優位になった状態を示すものと考える。
  • 後藤 和廣, 鹿児島 裕, 平岡 一雅, 竹内 龍平, 岩倉 博光
    1982 年 31 巻 3 号 p. 263-270
    発行日: 1982/01/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    頸椎症による手指の異常知覚「しびれ感」が末梢神経, 体性知覚の伝導機能に反映されるものかを検討する目的で, SCV, MCVおよびSEPの各 component の潜時, ならびに末梢循環機能としてPTGの阻血刺激による回復過程を観察した。SCV, MCVおよびSEPは患側はいずれも正常範囲にあり, また健側との差の検定でも有意差は認められなかった。また阻血刺激によるPTGの回復も一定した傾向を認めず, 健側との差の検定においても有意差は認められなかった。
  • 竹之内 診佐夫, 竹之内 三志
    1982 年 31 巻 3 号 p. 271-278
    発行日: 1982/01/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    Piercing acupuncture therapy is a method by which the needle is inserted at special acupoints or reaction points and inserted to a determined depth toward another acupoint or an opposite side such that the needle is inserted subcutaneously to the object area. For example, when the needle is inserted at GB-53 passing through BL-54 toward KI-10 the needle passes through the connective tissue subcutaneously to the objective side, pecking techniques are administered and the needle withdrawn. By so doing the needle need not pierce the skin on the opposite side moreover the needle is inserted at an area at which there is no resistance to the needle point during insertion and no resistance to changes in insertion direction.
    We obtained excellent effects not only with periarthritis of the shoulder, elbow arthralgia, knee arthralgia and other motor system diseases using piercing acupuncture methods, but also with reflexive pain in the thoracic abdominal and lumbar regions as well as numbness of the 4 limbs, paralysis, etc.. In 56% of the cases the pain completely disappeareed with 1 treatment and was alleviated in 35%, that is, in total, 91% pain relieving results were obtained. In 16 cases pain recurred however after 2-7 insertions the pain disappeared completely. In the remaining 9% of the cases no change or impairment was reported thus therapeutic methods were changed after 1 treatment. In these experiments in addition to treatment in the area of pain we examined for tenderness between the spinous processes of the vertebrae and administered piercing acupuncture therapy. Tenderness was especially remarkable between c3-c4 and c4-c5, occuring in 70% of the cases. These were cases of periarthritis of the shoulder, inability to twist neck, epigastrium pain, thoracic pain, numbness of fingers and hand, elbow pain, etc..
    Piercing acupuncture therapy is one of the special specific treatment acupuncture techniques. Frequently good results are obtained with only one insertion however used as a supplementary technique for heretofore used acupuncture therapy it will be found even more effective.
  • 松岡 憲二, 清藤 満吉
    1982 年 31 巻 3 号 p. 279-283
    発行日: 1982/01/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    中国は鍼麻酔を始めとして, 頭針, 耳針, 透刺療法等の新しい鍼灸療法を開発しているが, その中で, 今回, われわれは顔面神経麻痺 (特に末梢性のベル麻痺)に対し透刺療法を応用して, 75症例について臨床追究を行った。
    治療方法は, 中国で行われている透刺療法に通電療法を併用し, 透刺区間は下記のごとくである。
    ○陽白穴から魚腰穴まで
    ○絲竹空穴から角孫穴へ向けて4cmくらい
    ○下関穴から聴宮穴まで
    ○巨〓穴から承泣穴まで
    ○地倉穴から頬車穴まで
    ○頬車穴から聴会穴まで
    以上の結果, 顔面神経麻痺 (ベル麻痺) に対し8割強が有効であることを確認した。
  • 小田原 良誠, 北出 利勝, 篠原 昭二, 森川 和宥, 兵頭 正義
    1982 年 31 巻 3 号 p. 284-289
    発行日: 1982/01/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    顔面痛を詳しく診断すると, 特発性三叉神経痛, 膝状部神経痛, 舌咽神経痛, 非定型顔面痛などに分類される。そこで, ペインクリニックにおいて診断された特発性三叉神経痛を含む,“いわゆる顔面痛”に対する治療効果を検討した。昭和41年開設以来大阪医大ペインクリニックに来院した特発性三叉神経痛患者 (410例) は, 女性に多く60歳代を中心に高齢者で70%と多く, 罹患部位は, 第II, III枝で73%を占めた。
    “いわゆる顔面痛”(180例) では, 20~60歳と幅広い年代で, 非定型顔面痛 (55例) では, 30代を中心に若年者に多く, 頬部, 額部, 眼部の領域で74%を占めた。治療効果は, 三叉神経では, 有効例がブロック, 鍼灸治療とも約50%に有効であるが, 鍼灸治療を行った群では無効例が極端に少なくなる傾向がみられた。
  • 高森 理恵, 芹沢 勝助
    1982 年 31 巻 3 号 p. 290-297
    発行日: 1982/01/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    1. 目的
    鍼治療臨床の場での, 腰痛症の実態を明らかにする。
    2. 方法
    (1) 当センター治療部に来院した80症例の腰痛患者に対して, 9項目について集計分析する。
    (2) 治療方法・治療回数・治療効果を分析する。
    3. 結語
    (1) 中・高令者の慢性陳旧性腰痛が多い。
    (2) 鍼治療には, 腰痛の軽減・再発予防の上で, その効果が期待できる。
  • 大野 正博, 森 和
    1982 年 31 巻 3 号 p. 298-308
    発行日: 1982/01/01
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    From old times, Oriental medicine has had a double layer structure comprising therapeutic medicine and constructive medicine, and therapists of Oriental medicine have believed that the best treatment for us is to take care of our health. The problem of the usual therapeutic system used only by acupuncturists is that clinical field is limited to an acupuncture clinic and the number of patients is also limited. In view of the above and with the goal of solving these problems, we devised a new magnetic acupuncture methol which is applicable to our home treatment in the early stages of disease and examined, from both the viewpoints of Oriental medicine and health medicine, whether or not this magnetic acupuncture is a useful means for systematically performing the treatments of therapeutic medicine and of constructive medicine.
    (1) Magnetic acupuncture treatment
    In this treatment, it is mainly expected that slight clincal symptom (stiffness, pain) will be relieved owing to the synergistic effect of the needle pressure stimulation and the magnetic action exercised by the needle plastered on the reaction acupuncture points of living body's skin. Compared with the intracutaneous needle which acupuncturists use as a rule, it is easier to operate. In addition, it is superior in rapidity and durability of effect to the commercially available magnetic pellet and acupuncture pellet.
    (2) Magnetic acupuncture
    The magnet is made of isotropic barium ferrite and has a diameter of 5mm and a thickness of 2.3mm. It has a shape of a disc having a small projection located at the center of the disc on the side which comes into contact with skin (N pole side). The magnetism emanating from the projection has a magnetic flux density of about 952 gauss which is approximately 1.8 times as great as the magnetic flux density of the magnetisms emanating from the flat part of the plate other than the projection. There are two kinds of magnetic acupunctures: one is gold magnetic acupuncture for PU (weak stimulation) and the other is silver magnetic acupuncture Xie (strong stimulation).
    (3) Clinical application
    In Ling-Shu (Rei Su) which is a volume in the earliest known text on acupuncture, the Nei Ching or Classic of Internal Medicine, or Da-Ging (Dai Kei), it is mentioned that the basic therapeutic point lies in the pain. On these grounds, one magnetic acupuncture disc is plastered on the point at which the response was greatest according to the acupuncture point phenomena (pressure pain, stiffness, depression, hypersensit iveness, trigger-point, etc.) and some additional magnetic acupuncture discs are appropriately plastered on the points surrounding the most sensible point, as well as on the main acupuncture points having a relation to the relief of clinical signs.
    A clinical test was performed in order to prove the clinical effects of magnetic acupuncture. Thus, 401 subjects who usually complained of stiffness and pain in shoulder without any objective findings were picked out and clinically tested. These subjects were classified into magnetic acupuncture therapy group (120 subjects) and its placebo therapy group (281 subjects), and the clinical test was performed to compare both the groups. Here is reported a part of the test results.
feedback
Top